お菓子作りが大好きな私はフランスも大好き☆ 初めてのプチ留学先パリでの生活を日記にしました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
ルノートル③マカロン
2006-11-30 Thu 18:34
―2005年11月30日(Mer.)

ルノートル校の製菓レッスンで最も受けたかった授業が今日の『マカロン』
ちっさくてカラフルで甘くて美味しいマカロン☆表面はサクッと薄く中はしっとりと焼き上げた生地の食感も、様々な味のバタークリームをはさんだバラエティーある味も、丸くコロコロとした形も全てが私の関心をそそるお菓子。

お菓子好きとしては、自分の好きなお菓子は自分で作る!意欲で日々研究しているけれど、マカロンだけはどうしても毎回失敗に終わってしまう。なぜだろう?生地の焼成が難しい。

ところが、シェフは難なく作業していく。そんなに難しくないように見える。むしろ、「案外簡単なのでは?」と思えるほど。
マカロンにはいくつかコツが必要なようで、シェフがそのポイントを説明してくれた。フランス語の言葉はわからないが、大事そうな部分は見よう見真似で覚えた。
Macaron Vanille マカロンのメレンゲは角がたつくらいしっかりと Macaron Vanille 生地を絞る時は均等に

例えば、
・メレンゲを泡立てるミキサー速度は最初はレベル4(MAXレベル6)、グラニュー糖をスプーン1杯ずつ入れてゆき、全部入れたらミキサー速度をレベル6(最速)にする

・アーモンドプードルと粉糖を合わせ、メレンゲと合わせたらツヤが出るくらい混ぜる。ヘラですくって生地がゆっくりと落ちるくらいの硬さ。

・天板に均一な大きさに絞り、少しそのまま置いて表面を乾燥させる

・焼き上がったら紙と天板の間に水を少しずつ注ぎ、はがれやすくしてから生地を回しながら紙からはがすとキレイにはがれる


などなど。大事な工程部分はシェフの言うがままに真似てみた。ホントに細かいポイントがたくさん!
完成したのはこちら。

Macaron Vanille マカロンの生地が焼きあがりました Macaron Vanille 2枚の生地でクリームを挟みできあがり


茶色いのが、実はバニラ。バニラプードルというバニラのさやを乾燥させて粉末にしたものを生地に混ぜてあるからこんな色してるけど、とってもバニラが香り高くて誰もが好きな味。
ピンク色のはイチゴではなくて、グリヨットという酸味のある赤いチェリー系フルーツのピューレを混ぜたもの。
グリーン色はピスタチオ。フランス菓子ではこのピスタチオの実がよく使われる。鮮やかなグリーンは見た目にも効果があって、つい手をのばしたくなる。

今回のレッスンでは3種類のマカロンを実習したが、まだまだおいしい味はいっぱいある。難しいマカロンのポイントをいっぱい学べた充実したレッスンだった。今日できたんだし、なんだかもう失敗しない気がする。
絶対日本に帰ったら作ってみるゾ!
スポンサーサイト
別窓 | ルノートル*製菓レッスン | コメント:2 | トラックバック:0 |
衝動買いの日
2006-11-29 Wed 18:33
―2005年11月29日(Mar.)
製菓用品をいろいろ買い、何作ろうかなぁ~と考えながら、フラン・ブルジョワ通りを歩いた。
おいしそうなパン屋さんを見つけた。夕方だったけど、お客さんがいっぱい。私はパン・オ・ショコラを買った。

今日は衝動買いの日みたい。

サン・ポール駅の近くにあった雑貨屋さんはクリスマス用の飾りが50%OFF。かわいい飾りがとても安くて、いろいろ買った。日本へのお土産にしよう。
かわいいクリスマス用の小物


その後、ZARAでダウンジャケットを購入。最近寒くて、日本から持ってきたコートでは寒さに耐えられなくなってきたところ。ちょうど色も良く、しかも安くて、これまた衝動買いです。

そして、靴屋さんではスエードのかわいいセミショートブーツを発見!欲しい!でも荷物になる?どうしようかとたくさん悩んで葛藤した結果、ブーツ購入は見送ることに。
あぁ…やっぱり買っておけばよかったかなぁ。


別窓 | パリでショッピング | コメント:0 | トラックバック:0 |
製菓用品店MORA
2006-11-29 Wed 15:23
―2005年11月29日(Mar.pm)

今日は学校の後、メトロに乗ってエティンヌ・マルセルまで。マレ地区を探索した。
いつか読んだ本にのっていた小さなビストロのお店でキッシュを食べた。ガイドブックに載っているようなお店ではなく、街を歩いてたら偶然見つけたような小さなお店だ。もちろんフランス語しか通じないから、ここでも会話レッスン実践編。なんとかコミュニケーションがとれてうれしい。お店の内装も手作り感あって、キッシュの味も家庭的。
デリシューのキッシュ 11ユーロ


この地区は様々なお店が並んでいてショッピングに最適。私は去年も来た「a.simon」「MORA」に行った。この2店は共に製菓用品店であり、場所も近いから便利だ。個人的には「MORA」の方がたくさん商品が揃っているように感じる。お菓子道具がなんでも揃ってるので、店内にいるだけで作ってる自分を想像して、ホントにお菓子が作りたくなる。
パリの製菓用品店 a.simon パリの製菓用品店 MORA

今回はここで、タルトリングの15cmと6.5cmをいくつか、それにシリコン製の焼き型を購入。
去年MORAで買ったシリコン製のマドレーヌ型がかなりの優れもので大活躍!シリコン型は日本で買うと高額だけど、ここは日本よりは安かった。
今回購入したのは一目惚れしちゃうくらいカワイイ形。ますますお菓子が作りたくなってきた。


別窓 | パリでショッピング | コメント:0 | トラックバック:0 |
シャンゼリゼ☆イルミネーション
2006-11-28 Tue 19:25
―2005年11月28日(Lun.pm)

私がこの時期の留学にしたのはこれが見たかったからでもある。
パリのシャンゼリゼ大通りのクリスマス☆イルミネーション
パリのシャンゼリゼ通り X'masイルミネーション


パリのクリスマスは街中が特別となる。日本ではクリスマスは恋人と過ごす日となっているが、パリでは家族と過ごすのが主流。1年でもこの日だけは家族が全員揃う日のよう。
子供がいればプレゼントが必須。親戚やら近所の人やらを呼んでパーティーをする家が多いらしい。大人な私たちはプレゼント代がかかってキビシイらしいが…。
幸い(?)、私はクリスマス前に帰国しなければならない。残念だけど、でもこのイルミネーションとパリの街のX'masな雰囲気は味わえてよかった。
今年はいつもより早く点灯が開始した(11月23日~)。と言っても、毎年この日から!という決まった日はない。シャンゼリゼの並木にライトを設置する業者のおじさんが、そろそろ点けるか!って思ったらその日に決まるらしい!なんて適当なんでしょ。今年はそのおじさんのおかげで、いつもより早くから見られて私は幸せです。
別窓 | それはフランス・パリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
ルイ・ヴィトン本店
2006-11-28 Tue 15:18
―2005年11月28日(Lun.pm)

初めてルイ・ヴィトン本店に入った。
前回2004年に来た時は、本店が改装中だったので、外から眺める結果に…。ところがさすがルイ・ヴィトン!改装中もおシャレな外装。お店全体がモノグラムの鞄のデザインで、写真撮影スポットになっていた。
パリのルイ・ヴィトン本店 2004年改装中もオシャレ

今回は改装後に訪れたので、ワクワクしながら店内へ。
スゴイ!の一言。店内はかなり広くて、品揃えもバッチリ。欲しいバッグもすぐに見つかった。
さて、ここからが大変…。店員さんの順番待ち。待てど待てど、順番が回って来ない。なんと言っても、ここは本店。お客さんの数だって多いのは当たり前である。
ようやく順番がきていろいろと見せてもらった。欲しいバッグがいっぱい!どうしよう。迷うなぁぁ。

パリのルイ・ヴィトン本店 2005年改装後 パリのルイ・ヴィトン本店 夜はライトアップ


別窓 | パリでショッピング | コメント:0 | トラックバック:0 |
Cosiのフォカッチャ
2006-11-28 Tue 13:04
―2005年11月28日(Lun.pm)

今日はSちゃんとランチ。学校の近くの『Cosi(コジ)』というフォカッチャのお店に行った。お昼時だっただけあってけっこう混んでた。学生が多いと思うけど、こういう地元の穴場的なお店がイイ!日本語は全く通じないから、がんばってフランス語で注文。
スモークサーモンはそのまま食べてもパンにはさんで食べても

いろいろメニューはあったけど、サーモンのフォカッチャにした。やっぱりこっちのサーモンは肉厚でおいしい。前にラデュレで食べたサーモンサンドもかなりおいしかったけど、14ユーロくらいした。ここは安い!4~5ユーロくらい。パリで暮らしていると毎日の食費がだんだん削られてゆく傾向にあるなぁ。

さて私達の住む日本では、一緒にドリンクもオーダーしないと悪いような風習があるが、ここにはなさそう。サンジェルマン・デ・プレは学生街だからかもしれないけど、みんなペットボトルの水なんかを持ち込んでいた。知らずに私達はジュースを注文したら、後ろにある冷蔵コーナーから自分で取ってと言われた。
(勝手に取っていいの?)
お客様第一という考えは日本だけなのだろうかとギモンに感じてしまった。
でも焼きたてのふわふわのフォカッチャに大好きなサーモンが入っておいしかったからマル◎

コジCosi
54, rue de Seine
Metro ④St-Germain des Pres
TEL 01 46 33 35 36
12:00-23:00

別窓 | パティスリーとカフェ | コメント:0 | トラックバック:0 |
レベル1
2006-11-28 Tue 10:18
―2005年11月28日(Lun.)

今日はパリに来て3回目の月曜日。
あと2週間で帰らなきゃならないなんて!
早い。まだやりたいコト行きたいトコあるのにぃ。ちょっと焦る…。

今日から同じクラスに新しい生徒が3人増えた。入学テスト結果がレベル1の人たちだ。2週間前に私は初心者ということでレベル0でスタートし、今日まで2週間毎日宿題とエレン先生の授業でがんばって学んできた。今では、なんとなくエレンの説明がわかるようになってきた。なんとかレベル1として認められたようだ。

まだフランス語での指示内容がわからなかった時は、隣の日本人の友達に聞くことがしばしば。そんなわけか、それから日本人同士隣の席にならないように席替えさせられた。何てったって日本人が多い…。
今日もひとり日本人が増えた。これで12人中6人が日本人。休憩時間は日本語が飛び交う。日本人は日本語で、その他の人は英語で会話している。
おいおい…フランス語は?それがレベル1のクラス。フランス語での会話はまだまだこれからのようだ。



別窓 | フランス語学校 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ヴァンブの蚤の市
2006-11-27 Mon 10:16
―2005年11月27日(Dim.)

朝食後、メトロに乗ってヴァンブまで。蚤の市に出かけた。
パリの蚤の市は、どれも市街地から離れている。
ここヴァンブもメトロ13号線ポルト・ド・ヴァンブ駅から歩いて2~3分のところにある。小規模だけど地元パリジャンに人気があるらしく、治安もいいということで、ひとりで出かけた。

Vanves ヴァンブの蚤の市 Vanves ヴァンブの蚤の市

これはまさにガラクタ市。アンティークといえばそうだが、いいなぁと思う銀食器があっても数が揃ってなくて残念ながら買えなかった。でもアクセサリーはおシャレなものもあって心惹かれる。しかも安い。

Max Poilane マックス・ポワラーヌ Max Poilane マックス・ポワラーヌのタルト・オ・ポム

ヴァンブの蚤の市の場所から少し歩くと『マックス・ポワラーヌ』というブーランジェリーがある。ここのタルト・オ・ポムがめちゃめちゃおいしかった。りんごそのままの甘酸っぱい味とパイ生地がマッチして感動した!
サックサクのりんごパイを頬張りながら、さて次はどこに行こうかな。パリの街を歩くのは楽しい。



別窓 | それはフランス・パリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
カフェ・マルリー
2006-11-27 Mon 09:20
―2005年11月27日(Dim.am)

昨日はモン・サン・ミッシェルへのツアーで1日行動したので、夜遅かったけど、ダラダラ寝てたらもったいない!
日曜日、朝早く起きてシャキっと身が引き締まる寒さの中歩いた。ポールでおいしいパンの朝食をと思ったけど、そのポールは日曜日休みだった。

ルーブル美術館の敷地の中にある『カフェ・マルリー』に行った。美術館のすぐ隣のセレブなカフェ。
le cafe Marly カフェ・マルリー

ここの朝食は、クロワッサンパン・オ・レザンパン・オ・ショコラバゲットが2つ、3種類のジャムエシレのバターフルーツジュースコーヒーが付いて13ユーロ。朝食にしてはかなり高いけど、パンはどれもおいしいし、しっかり食べられて心もお腹も大満足。
le cafe Marly カフェ・マルリーの朝食 13ユーロ

朝だからかカフェ内はとても空いてて、ゆっくりできた。ルーブル美術館のカフェだけあって、フランスっぽさを満喫できる。

別窓 | パティスリーとカフェ | コメント:0 | トラックバック:0 |
モン・サン・ミッシェル
2006-11-26 Sun 07:47
―2005年11月26日(Sam.)

今日は、ずっと行ってみたいと思っていた念願の「モン・サン・ミッシェル」に行った。世界遺産であるこのモン・サン・ミッシェルを知ってるのは学校のクラスでも日本人だけ。意外と他の国では知られてなかった。クラスの人達を誘ったんだけど、結局興味を持って集まったのは日本人のみ5人だった。

朝、7:00に免税店パリ・ルック前集合のHISのバスツアー。
よって私は5:30起き…。眠いし暗いし寒い…。
観光バスでの移動は約4時間。

行きの途中2時間ほど走ったところのブブロン村という小さい村に寄った。フランスで141しかない美しい村の一つとして認定されているという。とてもかわいい村で、さらにかわいいおばあちゃん村長さんが出迎えてくれた。
ブブロン村 フランスで美しい村に認定


さて、ここからバスで2時間。ようやく到着。
今日の天気は雪のち晴れ。なので最初は薄曇りの中に浮かび上がるような幻想的で美しい姿が。やがて晴れてくると青空のもとうっすら雪化粧のモン・サン・ミッシェルとご体面。
Mont St Michel モン・サン・ミッシェル Mont St Michel モン・サン・ミッシェル


島の修道院の中も隈なく見て回った。意外と小さく感じたけど、でも世界遺産である威厳は大きいと思えた。うすく残る雪が趣を増している。ここは天気や昼夜によって見え方がいろいろと違うんだろうなぁと思う。今度来る時は、前日から泊まって夜の姿が見てみたい。
別窓 | フランスの芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Paris留学*パリで暮らしてみたくて | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。