お菓子作りが大好きな私はフランスも大好き☆ 初めてのプチ留学先パリでの生活を日記にしました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
最後の授業
2006-12-09 Sat 10:35
―2005年12月9日(Ven.)

ついに来てしまった。今日でフランス語の学校も最後・・・。
最近になってようやく、エレン先生の言っている内容がわかるようになってきたところだったのに。やっぱり1ヶ月は短いなぁ。
本当に最後の日が来てしまった。

一緒のクラスの友達と、最後に写真を撮った。
これは一生の宝物。パリでフランス語を学んだ貴重な体験。
今日で学校も最後

たった1ヶ月だったけど、エレンから『終了証』が手渡され、クラスのみんなが拍手をしてくれた。ありがとう。
みんなより一足先に母国へ帰るけど、私は日本に帰ってもフランス語を続けます!いつかまたフランス・パリに来ると思うから。。。

マダムとも、ファミーユともお別れ。

この1ヶ月本当に楽しかったから、お別れの時が来てほしくなかった。できることならまだパリに残りたい!マダムにお別れを告げた時、気づいたら涙がこぼれていた。。。だって、まだちゃんとお礼ができてないもの。やり残したことがいっぱい。ありがとう・・・だけじゃ言い表せない感謝の気持ちがこみ上げて、空港へ向かうタクシーの中で私は流れる涙を止めることができず、静かに泣いていた。

楽しかった思い出を胸に、私は帰国する。

スポンサーサイト
別窓 | フランス語学校 | コメント:1 | トラックバック:0 |
エディアール
2006-12-07 Thu 22:27
―2005年12年7日(Mer.pm)

ランチの後、私は日本にいる友達のためにお土産を買って帰宅。クリスマスが近いこともあって、お店にはクリスマス関連の小物が多い。だから、私もそんなかわいい小物をお土産に!

今週から、夕食にティボーがいない。なんと!仕事が終わってから夜遅くまで、バイトをしているらしい。クリスマス時期はどこのお店でも人手が必要らしく、この時期だけの特別集中短期バイト。

今日は、夕食前にマダムと一緒にティボーのバイト先に行くことになった。働いているお店は、マドレーヌの「エディアール」。何十種類の紅茶やジャム、スイーツ、果物、チーズなどなどが売られているちょっと高級店。

ちょうど足りなかったお土産をここで買った。小さい缶に入ったフレーバーティーにした。バニラキャラメルアップルなど、一人ひとり違う味。

エディアールで働くティボーに会いに


ティボーはスイーツコーナーのショーケース向こうにいた。突然行ったから、彼はとても驚いていた。息子が働く姿をマダムは嬉しそうに見て、息子は照れ臭そうにしていた。
そんな光景がとてもほほえましい。
彼は紳士的に私に振る舞ってくれた。最後に「がんばってね」と挨拶をして、マダムと私は店を出た。

別窓 | すてきなファミーユ | コメント:0 | トラックバック:0 |
ポン・キャネルのキッシュ
2006-12-07 Thu 21:56
―2005年12月7日(Mer.pm)

水曜日は午後の授業がない。だからSちゃんとKちゃんと3人でランチ。私の帰国が迫ってるので、今日は私が食べたいものをセレクト。サン・ルイ島にある「ポン・キャネル」というキッシュのお店。私はホントにキッシュが好き。ホウレン草とベーコンのキッシュをチョイス。大きくて食べ応えアリでおいしかった。

ポン・キャネルのキッシュ


その後、ノートルダム大聖堂の前を通ったら、大きなクリスマスツリーが飾られていた。すごく得した気分で、記念撮影。パリの風景を前にもう3人では写真が撮れないかもなぁ。

クリスマスツリーとノートルダム大聖堂


別窓 | それはフランス・パリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
夜のエッフェル塔
2006-12-06 Wed 20:55
―2005年12月6日(Mar.pm)

夜のエッフェル塔は格別!
毎時00分になると、10分間くらいイルミネーションがキラキラと光る。遠くから見ても、近くから見ても、真下から見ても、かなり綺麗。思わず叫んでしまうくらい興奮した。

夜のエッフェル塔 ライトアップがキレイ 夜のエッフェル塔は毎時00分にはさらにキラキラ☆
もちろん夜景を見るために上に登った。今回はエレベーターで3emeステージまで上がった。前回は2emeステージでも見晴らし良く十分高いと思っていたのに、一番上まで登ったら全然違った。断然高い!
風が強くてすごく寒かったけど、あまりの美しさに夜景に見入っていた。やっぱり夜景は好きな人と見たいな!久々に乙女のような気持ちになった。
エッフェル塔の上から見た夜景
 
・1ere(第1展望台)・・・高さ57m(階段で360段) 

・2eme(第2展望台)・・・高さ115m(階段で約700段)

・3eme(第3展望台)・・・高さ276m(階段で約1800段)



エッフェル塔の1ereステージ内に郵便局がある。登った記念にポストカードを買い、そこで書いて出せるのだ。しかも、エッフェル塔型のカワイイ消印が押されるとのことで、私は日本の自分宛てに手紙を書くことにした。
帰国した時にパリから届くカード。なんだかおもしろいと思って!無事に日本の私に届きますように。
別窓 | それはフランス・パリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
HERMES本店
2006-12-05 Tue 21:20
―2005年12月5日(Lun.pm)

HERMES エルメス本店*夜はライトアップ

私はブランド物はそんなにもってないけど、海外に行くと急に買いたくなってしまう。今回も買うつもりはあんまりなかったのに、気付いたらルイ・ヴィトンのジャスミンがいいか、エルメスのエールラインがいいか…何買おうかなぁって悩んでいた。

結局エルメスのバッグを買ってしまった。さすがパリ本店は品揃えが違う。日本で普通に売ってるラインなのにパリではもう古いのかもう置いてなかったり、逆に新作がたくさん置いてあったり。本店は広い店内にたくさんの種類の商品。これは女性にとって見ているだけでもワクワク。

いつも日本人の店員さんを探して空くまで待って応対してもらうのだけど、今回はあえてフランス人の店員さんを捕まえてみた。頑張って話したフランス語が通じたみたいで、向こうも私にとてもやさしかった。無事にバッグを購入。言葉が通じてコミュニケーションできるととてもウレシイ。話しかけたり会話するのがもう恐くなくなった。
別窓 | パリでショッピング | コメント:0 | トラックバック:0 |
ジェラール・ミュロ
2006-12-05 Tue 13:43
―2005年12月5日(Lun.pm)

ジェラール・ミュロのショーケースはおいしそう♪


今日のランチはちょっとリッチに「ジェラール・ミュロ」で。
ケーキだけじゃなく、パンやお惣菜も売っていてどれもおいしい。しかも種類がたくさんあるので、次々に目移りしちゃって決まらないくらい見ていて楽しい。
お友達とシェアで、サーモンのキッシュアボカドのサラダグレープフルーツのタルトをチョイス。分厚いキッシュもクリーミーなサラダも、甘酸っぱいタルトもどれも絶品。

ジェラール・ミュロは店内に入るとショーケースに出来立て商品がたくさん並べられていて、タルトやキッシュは店員さんが
「コムサ?コムサ?」(このくらい?)
と言いながらその場で切り分けてくれる。

ショーケースはお菓子系、お惣菜系、パン系、ショコラ系に分かれていて、それぞれ注文したら値段の書かれた紙をもらい、全てのショーケースのお買い物分をまとめてレジでお会計。商品は再びそれぞれのショーケース前でレシートを見せて受け取るシステムだ。

ジェラール・ミュロ マカロンでクリスマス・ツリー

お店外のショーウインドウにはこんなマカロンのクリスマスツリーが!
ここのマカロンもおいしい。

ジェラール・ミュロ
Gerard Mulot 
 
76,rue de Seine 6区
Metro Odeon 
TEL 01 43 26 85 77 
営 6:45~20:00 
定休 水曜

別窓 | パティスリーとカフェ | コメント:0 | トラックバック:0 |
宿題はクロワッサン
2006-12-04 Mon 18:21
―2005年12月4日(Sam.pm)

今日は行きたい所を、朝から3ヶ所も回って、かなりの満足気分で帰宅。
昨日のクロワッサンの生地を持ち帰りしているから、これは今日中に仕上げないとならない。かならずやらなきゃいけない宿題だ。

マダムにキッチンを借りて、さっそく開始。ところが、麺棒がおウチになくていきなり焦る…。代わりになるものがないかキッチンを探すと、細長いワインの空き瓶のようなを見つけた。
何とか三つ折り作業を4回ほど繰り返し、後は成形発酵焼成

発酵でもまた壁にぶつかった。発酵器はもちろんないし、電子レンジにも発酵機能はついてなかった。仕方なくお湯を沸かし、その鍋の上に成形した生地を置いて温かい状態を作り出し、これまた何とか発酵。
あんまり上手に膨らまなかったけど、次は焼成。オーブンも使い方が難しくて、焼き上がった完成品は昨日ルノートルで作ったものとはかけ離れたほど全く違ったけど、一応仕上げることができた。

おウチでつくったクロワッサンとパン・オ・ショコラ

クロワッサンパン・オ・ショコラ。たくさんできたから、明日学校に持って行って、みんなにあげようっと。

別窓 | ルノートル*製菓レッスン | コメント:0 | トラックバック:0 |
パレ・ド・トウキョー
2006-12-04 Mon 14:00
―2005年12月4日(Sam.pm)

パレ・ド・トウキョー

1937年の万博時に「日本館」として建てられたもので、今は東棟は「市立近代美術館」、西棟が「パレ・ド・トーキョー」となっている。

残念ながら市立近代美術館は工事中で閉鎖。
西棟は、ユニークな展示スペースとなっており、様々な絵や写真、個性的な展示物のほかにも、小さな暗い部屋のスクリーンに映像が流れていたりと、愛知万博の外国館を思い出した。

パレ・ド・トウキョー 不思議な日本を表わす写真


別窓 | フランスの芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ロダン美術館
2006-12-04 Mon 11:01
―2005年12月4日(Sam.am)

ロダン美術館の考える人「Le Penseur」


第1日曜の無料の美術館。2ヶ所目は「ロダン美術館」
もちろん、「Le Penseur(考える人)」は見ないと!
考える人は庭に展示されていた。入り口側の庭の真ん中に置かれたひときわ目立つこの作品は、やはりロダンの代表作だということを示していた。
館内にも数々の彫刻が展示。こんなにたくさんの彫刻を見たのは初めてだと思った。

ロダン美術館の美しい庭園

入り口とは反対側に広がる大きな庭園。キレイな緑の芝生とひそかに咲いたピンク色の花。とても心癒されながら、のんびりとお庭を散策した。
別窓 | フランスの芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
サント・シャペルとコンシェルジュリー
2006-12-04 Mon 09:41
―2005年12月4日(Sam.am)

今日は日曜日。毎月第1日曜日は美術館や博物館など無料の場所が多い。
昨日のクロワッサンの生地の仕込みをしてから、急いで身支度「いってきます!」
まずはシテ島にある「サント・シャペル」に向かった。
ここはパリ最古のステンドグラスで知られた教会。こんなにすばらしい所があったなんて!!場所はそんなに広くないけど、階段を上って礼拝堂に出るとそこには一面ステンドグラスに囲まれた美しい世界。息を飲むほどの美しさとはこういうことなのだと思った。

美しいステンドグラスのサント・シャペル


その隣の「コンシェルジュリー」も今日は無料。
ここはマリー・アントワネットの独房を再現した部屋がある。その、マリー・アントワネットや他にも、デュ・バリー夫人や、ローラン夫人など何千人もの貴族達がここで最期の日々を過ごしたという。

マリー・アントワネットの独房が見られるコンシェルジュリー

ひとつひとつ胸に刻みながら、ゆっくりとした時の経過を感じた。
別窓 | フランスの芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Paris留学*パリで暮らしてみたくて | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。