FC2ブログ
お菓子作りが大好きな私はフランスも大好き☆ 初めてのプチ留学先パリでの生活を日記にしました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理教室②
2008-02-18 Mon 21:37

(―つづき)
こうして完成した、お料理をいただく前に!
なんと、テーブルセッティングから。

マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理

テーブルクロスもお皿もカトラリーもキャンドルも全ておシャレ。

●前菜は「秋のサラダ」
マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理「秋のサラダ」
 ビーツと呼ばれる赤い大根を、かわいく型抜き。

●メインは「塩鱈のアイオリ」
マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理「塩鱈のアイオリ」
 アイオリソースはにんにくとオリーブオイルで手作り。

●もちろんフランスパン
マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理

●食事が終わると、チーズ
マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理

みんなで大きな食卓を囲んで、今日1日のことをおしゃべりして、
明日のことを楽しみ、おいしい夕食のひと時。
(さらに、つづく)
スポンサーサイト
別窓 | それはフランス・パリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理教室①
2008-02-10 Sun 21:59
―2007年11月14日,Mercredi ,p.m.19:00

さぁて、今日の夕食は、まだまだひと仕事だ。
マダムに教えてもらいながら、作るフランス料理教室
午前はリッツ・エスコフィエ学校で製菓実習
午後はパリのお菓子やさんを歩き回り
体はとっても疲れているのだ・・・けれど、たのしいことがあると疲れも
どこかへ飛んで行ってしまうよう。

マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理教室 マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理教室

シャンゼリゼ通りから少し入った路地にある素敵なアパルトマンの
一室で、こちらのマダム・ヴォジェルさんが教えてくれるのは
フランスの家庭料理。カンタンなのに、品のあるお料理を3品
教えていただくことに!

マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理教室

この方が、マダム・ヴォジェルさん
なんとお年は70歳も近い。とても、気品あふれるお人柄で
彼女に会いたいから!とお料理を習いにくる人も多いとか。

日本が大好きで、日本語を一生懸命勉強されて、今夜の
レッスンも全て日本語
いただいたレシピもマダムが直筆で書いた日本語
本当に、生き方を見習いたいくらいのすばらしく尊敬できるお方。

マダム・ヴォジェルのフランス家庭料理教室

お料理は、前菜、メイン、デザートを、それぞれ、手分けして作業。
写真は「かぼちゃ」 
包丁をいれたら、なんとやわらかいこと!
日本では見たことのない野菜の登場にみんなの会話もはずんだ。
(つづく)
別窓 | それはフランス・パリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
エッフェル塔の前で!
2008-02-09 Sat 21:35
―2007年11月14日 Mercredi

無事に添乗員さんとも合流できて、みんなで向かったのは
エッフェル塔
フランス・パリといえば、やっぱり「エッフェル塔」
今回は時間もなくて、上には上らなかったけど、
「エッフェル塔」の写真はとらなきゃ!

Parisのシンボル エッフェル塔

さすがパリのシンボル。
真下に来るとエッフェル塔の大きさがよくわかる。

Parisのシンボル エッフェル塔

こちらが、旅の仲間。

エッフェル塔の周りは広く公園になっていて、犬の散歩を
しているパリジャンやパリジェンヌが多い。
本場のフレンチブルドッグを散歩しているカワイイパリの
女の子を発見。わんちゃんよりこの子をパチリ

Parisの女の子

別窓 | それはフランス・パリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
パン デピス
2008-02-06 Wed 00:17
―2007年11月14日,Mercredi

あれ・・・・添乗員さんとはぐれた・・・。
でも、私達は仲間とみんなで一緒にいるから、心強い!

パンデピス

歩いていたら、たまたま通りかかったパン屋さん。
そう!ここは「Pain d'epis(パン デピス)」
様々なガイドブックに載っているし、口コミでもおいしいと評判のお店。

パンデピス

偶然通りかかるなんて、とてもラッキー!
私達は、添乗員さんそっちのけで、入店。
そして購入―

パンデピス

こちらは、見たこともないくらい大きな「パルミエ」

パンデピス

そして、「タルト・オ・ポム キャラメル・サレ」がおいしそうで購入した。
これは後ほど食べたが、りんごとパン生地がマッチして
しかも甘さがちょうどよくおいしかった。

PAIN D'EPIS(パン デピス)
63 Avenue Bosquet

別窓 | パティスリーとカフェ | コメント:0 | トラックバック:0 |
マリー=アンヌ・カンタン
2008-02-04 Mon 22:11
―2007年11月14日,Mercredi

こんなにかわいらしいお店の店内からは、
・・・うっ・・・

マリー=アンヌ・カンタン

チーズがダメな私には、かなりの匂い。
これだけたくさんの種類のチーズが並ぶのは、
「マリー=アンヌ・カンタン」

マリー=アンヌ・カンタン

チーズは嫌いだけど、バターは大好き。
フランスのバターは本当においしい。
フランスパンにつけて食べたくなってしまう。

マリー=アンヌ・カンタン


だんだん、匂いにたえられなくなった私は、
みんなが買い物を済ますまで、外で待機。
マリー=アンヌ・カンタンの業務トラックを発見。。。

マリー=アンヌ・カンタン
パリでもなんでもカワイイな。


Marie=Anne Cantin 
マリー=アンヌ・カンタン 
12, rue du Champ de Mars 7区 
TEL 01 45 50 43 94

別窓 | パリでショッピング | コメント:0 | トラックバック:0 |
ジャン・ミエ
2008-02-01 Fri 00:14
―2007年11月14日 Mercredi

ジャン・ミエ

さて、続いて向かったのは、こちら「Jean Millet(ジャン・ミエ)」

昔ながらのParisのお菓子屋さん…っていうイメージ。
少しわかりづらく、通り過ぎてしまいそう。

ジャン・ミエ

この看板の絵がかわいらしくてオシャレ。

ジャン・ミエ

ジャン・ミエ氏は、焼き菓子がとにかくおいしい!
私は、またもや「カヌレ」「フィナンシェ」をいただいた。
こちらの「フィナンシェ」は形が楕円形で特徴がある。
そして値段は3.1ユーロと、フィナンシェにしてはかなりの高額!!!
(*1ユーロ=当時168円)

でも、とても風味が良く、できた味。
カヌレは、個人的には「セッコの方がおいしかったな。

ジャン・ミエ

お店は、奥行きがあって様々なお菓子がならぶ。
マジパン細工もたくさんあり、丁寧な仕事がうかがえる。

ジャン・ミエ

Jean Millet(ジャン・ミエ) 
103, rue Saint-Dominique 7区 
TEL 01 45 51 49 80

別窓 | パティスリーとカフェ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| Paris留学*パリで暮らしてみたくて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。