お菓子作りが大好きな私はフランスも大好き☆ 初めてのプチ留学先パリでの生活を日記にしました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
カルトンのブロシェット
2006-11-19 Sun 15:38
―2005年11月19日(Sam.pm)

午後はショッピング。
16区の辺りをぶらぶら歩いて気になったお店に立ち寄った。
最終的に目指したのは、ヴィクトル・ユゴー通りにある『Carton』というカフェ。
小林かなえさんの本「パリ1週間の過ごし方」の表紙にもなっている『ブロシェット』というお菓子がどうしても食べたかったので、調べて向かった。
16e Avenue Victor Hugo 16区 ヴィクトール ユゴー通り

パリには区名と通りの名前のプレートがあちこちにあるから、現在地がすぐわかる。
私のような方向音痴でも地図とプレートをみながら、到着できた。
ヴィクトール ユゴー通りにあるお菓子屋さん「Carton」

パリに来てひとりでカフェに入るのは初めて。緊張しながら店内へ。
お店は見た目より広く、半分はブーランジェリー(パン屋)になっている。
ティーサロンは16区のオシャレなマダム達で埋まり、店員さんが忙しそうに動いている。
お目当ての『ブロシェット』を注文。
それがこれ↓
一度にたくさん味わえるカルトンの「ブロシェット」

ミルフィーユシュークリームショコラケーキマカロンがバーベキューのように1本の串にささっている。いろいろ食べたい!っていう欲張りな私にはぴったり。これはおすすめ。
「Carton」の店内 ショーケースに並ぶケーキ


カルトン
Carton
150,av.Victor-Hugo 75116
Metro M2 Victor Hugo
営業時間 9:00-19:00
定休日  日曜日

別窓 | パティスリーとカフェ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お別れ | Paris留学*パリで暮らしてみたくて | 帰国!?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Paris留学*パリで暮らしてみたくて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。