お菓子作りが大好きな私はフランスも大好き☆ 初めてのプチ留学先パリでの生活を日記にしました。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
リッツ⑥ 2種類のキッシュの完成
2008-01-17 Thu 21:04
キッシュ作りのつづき。

パート・ブリゼは、麺棒でのばし、セルクルに敷きこみ。
セルクルから8mmくらい、生地を上に盛り上げる。

リッツ⑥ キッシュ(下準備:パートブリゼ生地) リッツ⑥ キッシュ(下準備:パートブリゼ生地)

コレが、ポイントだったのに・・・。

私のはこちら
リッツ⑥ キッシュ(下準備:パートブリゼ生地)

焼くと生地が縮んでおちてくるための、防止策。
ところが、私のは、まったく盛り上がっていない。要は失敗ってこと・・・。

そして、セルクルで焼くのは、焼き上がりに型抜きしやすいためだって。
いろいろ勉強になった。

さて、下準備した具材やアパレイユを流し込み、いよいよ完成!

こちらは、ルブロション・チーズジャガイモのクリーム煮
詰めて焼き上げた

 ・Tarte au Reblochon
  (ルブロション・チーズのキッシュ)


リッツ⑥ キッシュ(アパレイユ:ジャガイモのクリーム煮) リッツ⑥ 完成 ルブロション・チーズのキッシュ


つづいて、バジルペーストを塗った生地にトマトソースグリル・サーモンを、
乗せたら、生クリームベースのアパレイユを流し焼きあげた、

 ・Quiche Provencale au Saumon
  (サーモンのプロヴァンサル風キッシュ)


リッツ⑥ キッシュ(サーモンを敷き詰める) リッツ⑥ 完成 サーモンのプロヴァンサル風キッシュ

 
それでは、焼きたてのサクサクのキッシュを、さっそくランチでいただきます!
別窓 | エコール・リッツ*製菓レッスン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<グラン・パレとプティ・パレ | Paris留学*パリで暮らしてみたくて | リッツ⑤ 2種類のキッシュの下準備>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| Paris留学*パリで暮らしてみたくて |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。